HOME>オススメ情報>ジェルネイルを施す際の詳しいやり方やコツをご紹介!

ジェルネイルを施す際の詳しいやり方やコツをご紹介!

マニキュア

セルフでジェルネイルをする際の流れ

セルフでジェルネイルをする際の流れですが、まずは爪表面の汚れなどを落としましょう。特に、油分などが残っている場合は、ジェルの持ちに影響しますので気をつけましょう。そこから甘皮を処理します。その後、サンディングという爪表面をヤスリで削り整える作業もありますが、使用するジェルによっては不要な場合もあります。サンディング後の細かい粉を拭き取ったら、ベースのジェルを塗り硬化させ、カラージェルを塗ります。この時、ベースのジェルもカラーのジェルも薄く塗るようにしましょう。剥がれの原因になります。塗ったらその都度硬化させ、全て硬化させたら完成です。アートなどを施したい場合は、ジェルを塗った後直後にストーンなどを貼り付け、その都度硬化させれば良いです。

ジェルネイルをセルフを行なう際のコツ

ジェルネイルをセルフで行なう際は、いくつかコツがあります。まず、ジェルを塗る際は指を自分の方に少し曲げ、少し固定させるようにすると塗りやすいです。また、エッジといわれる爪の先端の方にジェルをちゃんと塗ってあげる事で、よりジェルの持ちが良くなります。硬化の際も欲張って全部の指をライトに入れると、ジェルの流れ、ヨレに繋がりますので、最初のうちは1本ずつ硬化すると失敗が少ないです。硬化させる前には一度、皮膚などに付いたジェルを拭き取りましょう。剥がれの原因に繋がります。

サロンでもセルフでも!ジェルネイルを長持ちさせるコツ!

サロンでも、セルフでもせっかく綺麗に施術したネイルは長持ちさせたい物です。ジェルネイルを長持ちさせるにはいくつかコツがありますので、ぜひ頭に入れておきましょう。まず、ジェルネイルがすぐ剥がれてしまう原因として、お風呂に長い時間入っている、指先を使う仕事や家事をよくしているなどの理由だと、ジェルネイルが剥がれやすくなります。ですので、家事をする際はゴム手袋を着用する、長時間の入浴は避けるなどである程度長持ちさせる事も出来ます。

広告募集中